スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米蜜月から予測する2つのこと

 11月4日(土)~6日(月)、トランプ大統領が来日するとか。
 その先の展開として、ボクには2つの希望的予測がある。
 一つ目は、トランプ大統領の靖国神社参拝だ。
 トランプ大統領と安倍首相は『ドナルド・シンゾー』の間柄の二人なので、ボクは、来日の際トランプ大統領は靖国神社を参拝してくれるのではなかろうかと期待している。
 これこそ、日米の究極の和解が演出されることになる。しかもその効果たるや、オバマの広島訪問以上だ。オバマに対抗意識のあるトランプ大統領なら、安倍さんが靖国問題の本質を説明すれば、二つ返事で乗ってくれるのではないかと思う。ボクがこれを予測する理由だ。
 この予測が実現すれば、中韓はもう日本の首相や国会議員の靖国参拝に文句を言えなくなる……なんて能天気なことをボクは言う気はない。今まで同様、いや、今までにも増して騒ぐことを期待している。非難ごうごう、支那も韓国も不買運動や抗議デモでもやってくれればいいのだ。なんだったら暴動でも起こし、日本企業を焼き討ちし、日本の工場を叩き壊せばいい。是非そうしてほしい。
 残念ながら、願ったり叶ったりだ。
 願ったりかなったりなのに、「残念ながら」と前置きするのも変な話だが、実にこの表現がピタリとくる。
 と言うのも――、
 恐らく実態は経済大国2位の座を滑り落ちている支那(そもそも2位に就いていなかったと言う考えもあるが)は、外貨の持ち出しを厳しく制限している。軍事力を背景としたアメリカは別として、何らの軍事力も持たない日本への外貨持ち出しは、もはやできない状態になっている。支那大陸の工場にいくら投資しても、そこでいくら設けても、その利益は人民元のまま支那大陸内部に囲い込まれ、日本円にして引き出すことはできない。
 たとえば、マスコミ業界では、北京支局に務めている特派員の給料も人民元で支払われるだけで、任期が終わり帰国するからと言っても日本円にして持ち出すことができないらしい。数百万円という金額がそんな状況なのだ。トヨタだのパナソニックだのユニーだの、何十億、何百億の利益は推して知るべしである。
 もちろん、トヨタなどの大企業がボクよりもバカなはずはない。日本企業の多くも支那から撤退するタイミングを計っているのが現状と聞く。ただ、支那に残していく資産をできるだけ少なくしたい、できるだけ回収したいと思って踏ん切りがつかずにいるだけのことだ。だが、どうせ無駄な努力である。残念ながら支那への投資は捨てることになるだけだ。撤退が長引けば長引くほどその損失が大きくなるだけだ。被害を最小限に済ませたかったら、一刻も早く撤退するしかないのだ。
 韓国はリトル・チャイナだ。支那と歩調を合わせて反日暴動を起こせばいい。
 経済壊滅寸前の韓国だが、弱り目に祟り目で10月にも中韓通貨スワップの期限が切れる。日韓の通貨スワップも白紙のままだ。現在の日韓関係で通貨スワップの再交渉と追われても、そんな虫のいい申し出に納得できる日本国民は一人もいないはずだ(日本国民ではない朝日新聞やTBSや国営放送HNKは別だが)。そもそも、支那への属国根性がDNAに刷り込まれている韓国人が、遅かれ早かれ北朝鮮に飲み込まようとしている状況で、日本人が手を差し伸べる必要があるはずがない。
 THAAD配備で冷え切った支那との縒りを取り戻すためにも、支那のご機嫌をとらなければいけない。支那以上の激しい反日暴動を巻き起こし、やっぱり支那の味方(属国)だよアピールのためにも、激しい暴動を起こし、相乗効果でありったけの日本資産を破壊しつくしてほしい。
 ボクが日本資産が破壊されることにこだわるのには理由がある。
 撤退に手間取ったり迷ったりしている企業が踏ん切りをつけやすくなるのも理由の一つだが、これが日本の国防のためにもなるからだ。つまり、無傷のまま日本の工場が支那に押収されてしまえば、その日本の工場で、日本を攻撃するための武器が作られてしまうのだ。韓国も同じだ。北朝鮮化を防げないかの国に日本の資産を残していくのは喫緊の脅威になりかねない。平和ボケの日本企業が、温厚でお人好しでモノを大切にする日本人が、支那や韓国から撤退する際に、工場を破壊してから帰ってこられるとは思えない。反日暴動の熱狂の中で、支那人や韓国人たちの手で是非とも徹底的に破壊しつくしてほしいと願っている。
 そして、暴動をきっかけに一人でも多くの日本人が無事に祖国に戻ってきてくれることを祈っている。
 その上で二つ目の予測だ。それは――、
 米朝開戦だ。
 支那大陸や朝鮮半島にいる日本人が祖国に帰った後、朝鮮半島に残っているアメリカ市民が帰国した後、つまりクリスマス休暇のタイミングに合わせて、アメリカが北朝鮮の基地に先制攻撃をかけるのではないか……と予測している。
 もちろん、無傷では済まないだろう。済むはずがない。しかし、これが日本にとって「必要」最小限の被害で済むシナリオではないかと思う。
 そう、必要最小限である。
 今の日本には、残念ながらある程度の戦争被害が必要だ。非常に残念ではあるが、必要だ。
 小さすぎては目が覚めない。ヘタをしたら、朝日新聞やTBS、NHKなどの反日メディアを勢いづけるだけになってしまいかねない。反日メディアがぐうの音も出なくなるほどの、できれば朝日新聞が潰れるくらいの痛い目を見ることが、事ここに至ってしまった今の日本には必要だ。残念ではあるが……。
スポンサーサイト

北ミサイル利得者と報道しない自由

 北朝鮮のミサイル発射が常態化しつつある中、今朝(9月15日)もまた発射した。
 前回の発射時(8月29日)は、加計問題で追及を受け支持率を落とされた安倍陣営が北朝鮮にお願いをして射ってもらった――なる陰謀説を言う輩が現れた。政権批判の目くらましにしたと言うのだ。さすが『有識者』や『MSM(メイン・ストリーム・メディア=主流メディア)』はボクのような凡人にはない逞しい想像力をお持ちだと思ったものだ。
 で、今日もまた発射したわけで……。
 前回と同じ伝で言うと、北朝鮮ミサイル利得者は民進党の前原誠司代表ということになる。昨日(14日)発売の『週刊文春』で、北朝鮮美女との2S写真などと併せてハニートラップ疑惑が報じられたばかりだからだ。これほどありがたい目くらまし発射はない。
 さて、有識者の皆さんはどんなコメントをするのやら……などと、期待しても意味はない。そもそも、前原氏のハニートラップ疑惑は、有識者もMSMも全く取り上げていないのだから。週刊誌風情の戯言を取り上げるほど、有識者もMSMも落ちぶれてはいない。そんなことよりも、鈴木砂羽が舞台の共演者を土下座させたことや、尾野真千子が離婚していたことの方が重要なのだ。斉藤由貴の不倫問題に至っては、拉致問題よりも深くて許すべからざる重要案件なのだ。

『ダンケルク』

 第二次大戦の初期、ドイツ軍に追い詰められたイギリス軍がフランスのダンケルクからの脱出を図る史実の映画化。
 ドイツが強かったこともあるだろうけど、フランスはあてにならないし、イギリスは逃げているばかりだし。アメリカが参戦しなければ、ヨーロッパはドイツに統一されていたんだろうなと思ってしまう。やっぱ、チャーチルがルーズベルトを戦争に引きずり込んだのも史実なんだろうな。
 監督は今やワーナー・ブラザースの第2のスタンリー・キューブリックと言われているクリストファー・ノーランである。あ、言われていると言っても、ボクが勝手に言っているだけ。採算度外視の超大作を、完全主義でじっくりと撮り上げるところがキューブリックっぽいと感じるのだ。もっとも、ノーランの場合はきっちりと興行的に成功させているし、完全主義のこだわりを見せながらも、2、3年の間隔で新作を仕上げる律義さがある。
 それにしても、この映画で意外だったのは、戦場にあまり血が流れなかったこと。撮影技術の向上した最近の戦争映画の特徴として、人間の身体が吹き飛んだり、粉々になったり、血で海が真っ赤になったりなんて描写が当たり前なのに、どうしたわけだかこの映画はあまり血しぶきが飛ばない。『プライベート・ライアン』がリアルなのか、『ダンケルク』がリアルなのか? それとも超大作が故にR指定を逃れるための妥協でもあったのか?
 キューブリックの『フルメタル・ジャケット』は、当時もっとも4文字言葉(FACK)が頻出する映画と言われたものだが、本作は言葉づかいも汚くなかった。まぁ、ベトナム戦争時のアメリカ兵と、第二次大戦のイギリス兵の違いもあるしね。簡単な比較はできないけど……。
 そのノーラン、デビュー2作目の『メメント』が話題になったのは、結末から事の起こりへと物語の進行を逆回転で見せる手法が新鮮だったから。考えてみれば、ノーランは時間軸をバラすのが好きな作家さんなのだ。
 本作『ダンケルク』もその系譜。
 『桟橋』シーンの1週間と、船の『海』シーンの1日と、戦闘機の『空』シーンの1時間を、交互に同時進行で描いていくという手法である。結果、終盤に向かうにつれ、それぞれのシーンが別の視点から重層的に描かれていく。
 脱出劇ゆえ時間に追われる緊迫感の演出か、ほぼ全編に音楽と効果音がベタづけになってしまった。音楽や効果音がないシーンにも秒針のようなカチコチが鳴りつづけた。だから、脱出に成功した兵士がホッとしたところで初めて音楽が止む。
 作曲はノーランのお気に入りでボクも大好きなハンス・ジマー。スタッカートで刻むような音楽が特徴の作家だから、この作品にはうってつけと言えるかも。
 なんか、作品の感想というよりも、演出の分析という感じになってしまった。
 物語よりも技巧が際立つ作品でした。

『ワンダーウーマン』

 長くなりそうなので結論から書くが、この映画、非常に面白かった。気に入った。

 ワンダーウーマンと言えば、ボク世代からしてみれば、やはり初めて見たテレビシリーズの『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』の印象が強い。その彼女が、『バットマンVSスーパーマン』で再登場し、本作で一本立ちし、大ヒットした。日本では知らないが、少なくとも欧米ではヒットしているらしい。
 ワンダーウーマンが復活するまでには、実は紆余曲折があった。ボクが覚えているだけでも、テレビ企画や映画企画が2回くらい立ち消えになったと記憶している。テレビシリーズはパイロット版まで作られてポシャった。その時の理由がふるっていた。
「コスチュームに愛国心が足りない」
 というのがその理由だった。これがすべてではないだろうが、大きな理由の一つだったらしい。
 スーパーマンやスパイダーマンのコスチュームでもよく指摘されることだが、赤、青、黄色の配色はアメリカの国旗、すなわち星条旗をモチーフにしていると言われている。
 ましてや、原作のコミックや『空飛ぶ鉄腕美女』のコスチュームは、そのものズバリである。星条旗を元生地に切り貼りして作ったとしか思えないデザインになっている。さしずめ、強いアメリカの象徴と言ったところなのだろう。且つ、アメリカ人の理想が投影されているのだと思う。アメリカ人は常に強い祖国を求める気持ちを持ち続けているのだ。
 ワンダーウーマンのリブート企画がポシャったのは、はっきりとは覚えていないが3年以上前のことだ。少なくとも、ドナルド・トランプが「Make America Great Again」を訴えて大統領に選ばれるより遥か以前のことだったのは間違いない。フェイク・メディアはトランプを叩き続けたが、彼らが押しつけるポリティカル・コレクトネスに、アメリカ人は長年の間疲れ果てていたのだ。多くのアメリカ人がトランプを支持したのは、単に本音が噴出しただけのことだ。
 ところで、星条旗デザインのヒーローと言えばもう一人、むしろこちらのほうが老舗のキャラクターなのだが、キャプテン・アメリカがいる。言うまでもないが、ワンダーウーマンはDCコミック、キャプテン・アメリカはマーベル・コミックである。
 ちなみに、ワンダーウーマンの初出は1941年11月。キャプテン・アメリカはそれよりも少し早くて、同じ年の3月だ(共にウィキペディアによる)。どちらも第2次大戦が始まる直前である。教科書的には、その頃のアメリカは厭戦気分で参戦に気乗りじゃなかったと言われている時期だが、この二人のキャラクターを登場させた背景には、教科書に書かれていない、もしくは真逆の事実が隠されている気がしてくる。改めて勉強しなければならないという向学心が湧いてきてしまう。
 まぁ、それはさておき、実はボクは、この二人のキャラクターが大好きである。
 二人が他のヒーローたちと大きく違うのは、(ヒーローなので現実離れした超人的パワーを持ってはいるが)スーパーマンのような超絶怒涛の無敵パワーではないところだ。剣やピストルで攻撃されれば怪我をするし、下手をすれば殺されてしまうレベルであるところだ。にもかかわらず、相手を攻撃するような飛び道具は使わず、盾やブレスレットだけで専守防衛が基本なのだ。つまり、キャプテン・アメリカもワンダーウーマンも、自分よりも強大な敵を相手に不利な状態で戦っているのだ。
 そして何より、融通無碍なほどに正義や大義を重んじるところが素晴らしい。
 家族や仲間を思い、祖国を誇りとし、大義を感じないときは戦いを避け、大義があるときは自己をも犠牲にして戦うのである。
 その姿はまるで侍だ。
 刀を解決の手段としない山本周五郎の小説に出てくる侍のようなのだ。
 そう。ボクは、この二人にとても日本人的な心を感じてしまうのである。不思議なことに、アメリカの象徴である星条旗ルックの二人なのに、アメリカ人が理想としている姿であろうにもかかわらず、実はとても日本人的なのだ。
 つまり突き詰めると、アメリカ人が理想とする姿は日本人、しかも日本の侍なのである……と、少なくともボクは感じるのである。
 大東亜戦争で負けた日本軍は、負けたが故にナチスのような悪であったかのように貶められているが、歴史をきちんと勉強しなおせば、有色人種を搾取の対象としか考えていなかった白人たち欧米列強の帝国主義からアジア人を開放しようとしていたことはすぐに分かる。支那人や朝鮮人は勝ち組の白人にすぐに靡いた裏切り者だったこともすぐに分かる。
 アメリカ人が理想としているヒーロー像は日本人の侍であるとする説は、あまりにも我田引水が過ぎると思われるかもしれない。でも、ボクはいたって真剣にそう思っている。
 正しく歴史を勉強しなおせば、ボクの言っていることが、見当違いでないことに気づくはずだ。支那とロシアの独善と無責任ぶりが極まり、北の暴走が止まらず、南の空中分解が秒読み段階に入り、アジアの盲腸半島で第二次動乱が起こらんとしている現状を鑑みると、今こそ真の歴史修正が望まれる。
 歴史修正主義というとヒトラー礼賛のように捉えられるが、本来の意味は、戦争の顛末をしっかりと検証し反省するための学問だ。プロパガンダにまみれた記録を排除し、勝者の論理で書かれがちな記録を、文字通り正すことを目的に、第一次世界大戦後に起こった学問だ。その研究の成果として、ヴェルサイユ条約で一方的な悪役に仕立てられ、英仏から返済不可能なほどの賠償金を押しつけられたドイツに対し、いささかの同情を導き出すことになった。ところが折悪しく、借金まみれで疲弊したドイツは、その反動としてナチス・ヒトラーを台頭させていたため、『歴史修正主義=ヒトラー礼賛』のように扱われるようになってしまったのだ。

 なんか、ますます取り止めがなくなってきてしまった。
 閑話休題。
 とにかく、短くまとめると、
「本作は面白かった!」
 ということを伝えたい。
 圧倒的に強い戦争の神アレスを相手に戦うときも、自分が信じる理想だけを盾にしているワンダーウーマンの姿には、ついホロリとさせられてしまうほどだった。

トランプよりも北の独裁者なの?

 CNNやNYタイムズなどのフェイク・ニュース媒体がトランプを嫌っているのは周知の事実だ。事実であるとかないとか関係なしにトランプ批判を行っていたことも、明らかになって久しい。アメリカのそれらフェイク媒体に右へ倣え、もとい「左へ倣え」するのが朝日や毎日などの社是であることも、もはや公然の事実だ。
 なので、ある程度の偏向記事には驚かなくなって久しいのだが、左巻きの頭脳が生み出す世迷言は、もはや常人の考えうるレベルを超越している。左巻きのフェイク連中によれば、北朝鮮の核ミサイル暴走はトランプの発言が根本原因であるらしい。トランプの暴言が北の将軍様の怒りを煽り、暴走を助長させてしまっていると言うのだ!
 いやいや、いやいや……そうじゃないでしょう。
 左巻きのフェイク連中はどうにもこうにも歴史が不得意らしいので教えてあげるが、先に暴言を吐きまくっていたのは北の将軍様の方でしょうが! トランプが反応したのは、むしろ久しぶりな印象ですよ! そもそも、フェイクさんたちが大好きなオバマの時代から北の暴走は始まっていたでしょうが! それくらいの順番は覚えておいてほしい。
 それとも、一つ新しい事象が発生すると、一つ古い事象は忘れてしまう仕組みなのか? フェイク連中の頭脳のスペックはそんなに記憶容量が少ないの? そんなだから、自分の発言も忘れてしまうんじゃないの? ブーメランの原因はここにあるみたいだよ。もうちょっと歴史を勉強しようよ。もはや近現代史とは言わない。せめて2、3か月史でいいから!
 半年以上も前のことになると、フェイク連中はもう忘れてしまっているみたいだから教えてあげるが、トランプ大統領は去年11月に行われた大統領選挙で選ばれたんだよ。3代世襲で将軍様になった独裁者のほうが、フェイクさんたちはお好みなの? 少なくとも民主主義を標榜するのなら、選挙で決まった民意を尊重するのがルールでしょうが! 自分の意に沿わないからって選挙結果を否定することは、民主主義を否定していることになるんじゃないの?
 それにしても、トランプを批判するためなら、独裁者を持ち上げることも厭わないとは、ホントに驚き!
 駄々っ子を相手に良い大人がムキになるなという意見もあるみたいだが、その駄々っ子は、万単位の、もしかしたら10万人あるいは100万にも及ぶ死傷者を出しかねない危険なおもちゃを弄んでいるのだ。責任ある大人が取り上げてやらなければ、誰かが大怪我するでしょう。相手は言葉が通じない駄々っ子なんだから、おしりをペンペンしてやるなり、ゲンコツで頭をゴツンとやるなり、それなりの体罰は必要なのだ。体罰と暴力を一緒にしてはいけない。
プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。