『オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史』

 オリバー・ストーンと言えば、自らもベトナム戦争に従軍した経験があり、80年代にはアカデミー賞をもらった『プラトーン(1986年、作品賞と監督賞)』や『7月4日に生まれて(1989年、監督賞)』があるので、政府批判もする社会派の監督というイメージ。しかし、それ以降はむしろ鳴かず飛ばずで、しかも大麻所持や飲酒運転で捕まったりという社会派らしからぬ前科も聞こえてきたり……。
 そんな彼が、アメリカの近現代史を再検証するとかで、『The Untold History of The United States』なるドキュメンタリーを制作し、本を出版して、再び注目を集めた。
 なんでも、そのドキュメンタリーや本で、広島・長崎に投下した原爆を否定しているとのことで、いささかの興味を惹かれた。で、BSで放送されたそのドキュメンタリー『オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史』は録画したし、文庫化されてから上中下3巻の本も買ってしまった。ただ、いずれもまだ見ていないし読んでいない。そうしたら、3巻を一冊にまとめた要約本が書店に並んでいて、つい買ってしまった。
 が、読み切る気力が萎え、途中で挫折。
 残念ながら、まだまだオリバー・ストーンは見識が浅い。
 支那によるプロパガンダの満州事変や南京虐殺をそのまま鵜呑みにしている。リベラルと自称する日本の左翼が自国民や自国の政府を好んで否定するように、リベラルなアメリカ人の彼も(支持政党としては共和党に流れることもあるが基本は民主党みたい)、自国の政府を疑う眼は持っているようではあるが、まだまだ『哀れで無垢なチャイニーズ』という幻想を抱いているようだ。
 オリバー氏の原爆否定も、「いくら黄色いサルやゴキブリ相手でも原爆はやりすぎだった」というレベル。一応、東京空襲などの都市空襲もやり過ぎだったと認識はしているようだが、文化財保護の意図から京都を攻撃目標の候補から外したというような戯言を信じている。他にも、ウッドロウ・ウィルソンやフランクリン・デラノ・ルーズベルトのような人種差別主義者を名大統領のように認識しているようだし、誤認識が多すぎる。そもそも「アメリカの近現代史を再検証」とか言っているが、アメリカ合衆国には近現代史しかない。当たるべき文献の数もたかが知れているんだから、もうちょっと入念に調べてほしいものだ。
 ただ、若干の救いもある。たとえば、米西戦争のきっかけになった『メイン号事件』のことだ。ハバナ湾に停泊していたアメリカの戦艦メイン号が、ある夜、突然爆発した事件である。これをアメリカはスペイン人によるサボタージュだとして、『Remember the Maine』と叫んで世論を扇動し開戦の口実にした。しかし、これはアメリカの自作自演だったことに、オリバー氏は気付いてくれているようなのだ(意図的な爆破ではなく事故による爆発と思っているようではあるが)。メイン号事件は1898年の事件である。『Remember Pearl Harbor』はその43年後だ。こちらの真実(アメリカの罠に日本がはめられた)にも、あと40年くらい経てば気付いてくれるかもしれない……と期待したい。

スポンサーサイト

『韓国は裏切る』(室谷克実)

 タイトルからして既に分かりきった結論のようだし、もうこの手の本は食傷気味だったのだが、室谷克実氏の新書だったのでつい手に取ってしまった。
 それにしても驚くべきは、未だに発見があること。
 事実は小説よりも奇なりというか、およそボクなどの想像が及ぶ範囲を遥かに下に超えてお粗末な国である。
 その中でもいちばんの発見は最終章の『好韓/嫌韓 660ヶ月分の世論調査』だ。室谷氏の古巣時事通信社が、1960年6月から毎月同じ質問で繰り返して行っている世論調査結果の分析である。
 ボクが読み取った結論をざっくり言わせてもらうと、
『日本人は昔から南朝鮮(韓国)に関心がなかった』
 ということである。
 南朝鮮の初代大統領李承晩が、日本海の地図に勝手に線を引き、アメリカに亡命し、南朝鮮に軍事クーデターが起こった1961年に、嫌韓派が41.2%と初期のピークを見せる。この嫌韓派は日韓基本条約が締結された1965年でも25%もあり、多少のでこぼこはあるにしても20%台後半を維持する。対する好韓派は、5%以下をがっつりとキープする。つまり、南朝鮮が世上を賑わすことがあると、それはたいがいがマイナス・イメージな出来事で、印象を悪くして嫌韓派を押し上げるという流れだ。ただ、この頃の嫌韓派は長続きしない。そもそも、南朝鮮という国に関心がないのだから、話題が古くなると忘れてしまうのだ。だからこそ、金大中事件もライダイハン問題も、日本人には長い間忘れていた。驚いてしまうのは、1988年のソウル・オリンピックを経てすら好韓派は増えもせず、嫌韓派は20%台を維持するのだ。
 ようやっと変化が現れるのは、2002年の日韓共催によるW杯である。この年の6月に、統計を開始してから初めて、好韓派(12.0)が嫌韓派(11.1)を上回る。ただ、南朝鮮のラフプレーや疑惑の審判が無関心層の中から嫌韓派を掘り起こし、翌月にはまた好嫌が入れ替わる。それでも、南朝鮮の国営放送NHKが2003年4月から『冬のソナタ』を日本で放送し始めたことで、いわゆる『韓流』ブームが起きる。
 これで好韓派と嫌韓派が拮抗してきて、やや好韓派が優勢を取り始めるのだが、2005年4月の調査で決定的な亀裂が現れる。統計の前月3月16日に島根県議会が『竹島の日』条例を可決し、南朝鮮が過剰に反応したのだ。これが日本人に、「南朝鮮人ってなんか変だぞ」という違和感を植え付けた結果になる。
 それでも、ご陽気にK-POPを受け入れる忘れっぽさが日本人の良いところでもあり悪いところで、2009年の秋頃から再び好韓派が攻勢を取り戻し、東日本大震災後の2011年4月から7月までの3ヶ月間、なんと好韓派が嫌韓派を上回る。
 とは言え、同年2011年8月に、竹島問題調査のために鬱陵島に行こうとした自民党議員が入国を拒否されたのをきっかけに、韓流ドラマやK-POPばかりを垂れ流すテレビ局への抗議デモ(当時は視聴率1位で目立ったフジテレビに抗議が集中)などに結びつき、2012年8月を迎えるに至る。李明博大統領の竹島上陸である。ロンドンで開催中だったオリンピック・サッカーで南朝鮮の選手が「ドクトはわが領土」なるプラカードを掲げたりもした。その後の、李明博大統領による天皇侮蔑発言は言い添えるまでもあるまい。好韓派は5%台に落ち、嫌韓派は一気に43%を超えた。朴槿恵大統領に代わって以降の、その後の執拗な反日活動は割愛するが、セウォル号事件やナッツリターンなどのトホホな内情暴露が相乗効果を生み、嫌韓派の50%超えを記録するなど、今に至る嫌韓派の高値定着に貢献しているのである。

 間もなく梅雨になり、梅雨が過ぎると夏になる。今年も猛暑になるのだろうか。天気予報は毎日のように『観測史上初の』とか『記録的ナントカ』とかを連発するようになる。そして、降水確率に合わせて『不快指数』が報じられるようになる。
 不快指数?
 ここでは用語の意味を調べないが、例えば『不快指数90%』と言うと、
「10人中9人が不快なのに、一人だけ快適と思っている奴がいるのか? だったら俺がその一人を殺して100%にしてやる!」
 というようなジョークに使われる。
 好韓派とか嫌韓派とか言うが、韓国(南朝鮮のこと)を好きなヤツが本当に5%もいるのだろうか? 好韓派って、朝日新聞をとっている連中のことなの?

『韓民族こそ歴史の加害者である』(石平)

 自立できない事大の国、朝鮮。朝鮮という国名は支那から下賜されたもので、『朝(貢ぎもの)』が『鮮(少ない)』という意味。
 彼らはそれで良かったのかもしれないが、「それでは支那(当時は清)の脅威が我が国に及ぶ」と気が気でなかったのが、日本。
 それで日清戦争が起こった。
 その戦争に日本が勝ったので今度は日本の脛をかじることにした。ところが、その後の三国干渉でロシアの強さを目の当たりにすると、あっさりロシアに鞍替え。国王がロシア公使館に逃げ込み(『露館播遷(ろかんはせん)』)、ここで自国の改革派を弾圧。ロシアの属国になることで、『大韓帝国』を建国した。支那の属国時代は、宗主国と同格になる『帝国』という呼び名をつけられなかった朝鮮民族は、ついに『帝国』と呼称できるようになった嬉しさから、『マンセー(万歳)』と叫んで喜んだ。実は支那の属国だった時代には、これも宗主国に憚って『千歳』としか歓声をあげられなかったのだ。
 支那からロシアに宗主国を鞍替えし、彼らはそれで良かったのかもしれないが、「それではロシアの脅威が我が国に及ぶ」と気が気でなかったのが、日本。
 それで日露戦争が起こった。
 その戦争にも日本が勝ったので今度こそ日本の脛を放すまいと、日本に併合してくださいと頼みこんだ。ところが、福沢諭吉や伊藤博文らが反対する。窮地に陥った大韓帝国だが、意地でも自立をするつもりがない彼らの前に英雄が現れる。安重根だ。併合を邪魔だてする伊藤博文をテロで殺してくれたのだ。こうして無事、日韓併合を勝ち取った安重根は、今も南朝鮮の民族的英雄として祭り上げられている。
 ところが、そこまで頼みとした日本だったにもかかわらず、こともあろうに大東亜戦争でアメリカなんぞに負けやがった。たかが原爆の2発程度を落とされたくらいで、あっさりと音を上げやがった。そりゃあ、次はアメリカ様に鞍替えするってぇのが人の情ってもんでしょう……。

 以上、簡単だが朝鮮半島の近現代史だ。ボクも最近の勉強のおかげで、このへんの流れは掴んでいる。
 しかし、朝鮮は勉強を重ねても深みのない国なので、朝鮮に特化した本はあまり読まなくなっていたのだが、(高句麗、新羅、百済の三国時代と)白村江の戦いや、元寇(朝貢国の高麗が宗主国元のお先棒を担いで日本に攻め込んできたことくらいは知っていたが)、そして朝鮮戦争のことは、まだまだ不勉強なので、久しぶりにこの本を手に取った。
 が、それにしても、知れば知るほど深みのない薄っぺらな国だということを再確認した。

 自称、世界一優秀なDNAを持つ朝鮮民族は、有史以来、ただの一度も自国の問題を自国で解決したことがない。いつも他国に頼りきり。自国の内乱や内戦に他国の軍隊を招き入れ、代わりに戦ってもらうのだ。

◯まず、三国時代と白村江の戦い
 三国時代の新羅は支那(当時は唐)に頼って百済を滅ぼし、ついで高句麗を滅ぼしてもらい、唐の朝貢国として朝鮮半島を統一した。
 統一がなる前に、百済の断末魔のような小競り合いがあった。滅ぼされたかに見えた百済の残党が日本に支援を求め、それに応えて日本が海外派兵を行った。ところが、日本軍が朝鮮に到着すると百済が内部分裂を起こし、王様が日本軍を見捨てて高句麗に逃げ込んでしまう。地の利も協力もない日本は大敗を喫してしまった……というのが、白村江の戦いの顛末。

◯つづいて、元寇
 その後、支那の支配者は、唐やら宗やら遼やら金やらモンゴルにくるくると代わる。モンゴルはやがて元と呼称を変える。朝鮮半島でも新羅が高麗に代わったりするのだが、いつの時代も変わることなく支那の支配者には朝貢をつづけていた。が、そんな誠意も、ふとしたミスから元(その時はまだモンゴル)の怒りを買い、攻め滅ぼされそうになる。高麗の国王は全面降伏を申し出て、高麗の独立を主張する反対勢力を元に滅ぼしてもらう。若干はしょったが、まぁ、だいたいそんな感じの顛末。元への忠誠を誓う高麗は、忠誠の証しに日本遠征のお先棒を担いだと言うわけ。

◯そして、朝鮮戦争
 ソ連と支那(今の中華人民共和国になったばかり)を恃み、援軍ありきで先に38度線を越えたのが金日成の北朝鮮。3日でソウルから追い出された南朝鮮の李承晩は、アメリカ様と国連軍を恃んで3か月かけて38度線の北に追い返してもらう。そこで止める約束だったのに、李承晩は国連軍を煽って38度線を北進。支那とソ連を巻き込んで泥沼の朝鮮戦争に陥った。んでもって今に至る、というわけ。

 ホント、かの国は、宗主国の支那と同じで同じことばかり繰り返す。改めて勉強になりました。

『中国(チャイナ)4.0』

 著者のエドワード・ルトワック氏は、戦略評論家というだけあって面白い分析だった。
 大国は小国に敵わないという『逆説的戦略論(パラドキシカル・ロジック)』で有名とのこと。ざっと言えば、「大国が小国を攻撃しようとすると、周辺諸国が小国に加担するので、結果的に孤立した大国が負けてしまう」という理論。まさに今の支那がこの状態にあると言うのだ。
 著者は、建国から今に至るまでの中国(中華人民共和国)の国家戦略の変遷を「1.0」から「3.0」で区分けする。建国、すなわち第二次大戦以降の「平和的台頭」期を「1.0」とする。アメリカや日本を始め世界からの援助を受けて発展してきた「良い子」の中国がこれに当たる。しかし、リーマンショック後、世界の経済構造が変わり『世界の工場』として注目を集め出すと、「金は力なり(Money talks)」を信条に、力で世界秩序を破壊し始める。これが「悪い子」の中国で、「2.0」になる。しかし、中国が『世界の工場』と言っても、しょせんは『組み立て工場』である。中国が傲慢になればなるほど「経済力」と「国力」の乖離が目立ち始め、ついには経済の低迷が隠しようもなく露見し始めた去年(2015年)あたりからが「3.0」。譲歩とか後退はしないまでも、力攻めを少しトーン・ダウンしてきた状態である。ドブにはまって動けなくなったジャイアン状態だ。
 先日読んだ『中国2015』もそうだったが、パンダ・ハガー(親中派)だった米国人の多くが、ようやく中国の『韜光養晦(とうこうようかい)』に気付いてくれたようだ。まぁ、どちらの著者も、太平洋戦争(正しくは大東亜戦争)中の支那を、「大日本帝国からの侵略と戦い、共産主義を理想に新しい国家づくりに励んでいた」みたいな錯誤を残しているのは御愛敬だが……。
 そして、タイトルにある「4.0」だが、これはこれからの中国に対する著者からの提言で、スプラトリー諸島からの撤退や中国の民主化が唯一の解決策としている。もちろん、それがあり得ないと言うか不可能であることを著者は承知している。だから、ドン詰まりでトっ散らかった中国が不測の行動に出たときに日本がどうすべきかという提言で締めくくられている。
 たとえば、中国が尖閣に乗り込んできたとき、日本は躊躇なくこれに自力で対処せねばならないとしている。日米安保で保障されているアメリカの援助は、本土への攻撃の場合であり、人の住まない離島の領土問題は安保の対象外である。故に、それが出来るための「ソフト」作り、すなわち法整備や世論形成が必要だ、としている。
 至極ご尤もで、耳が痛い。まったくもってその通りです。
 ボクにとってはそれほどの真新しさはなかったが、戦勝国アメリカの論理が鼻につく部分もあったが、戦略論という視点からの分析は読みやすく楽しめた。

『日本が中国の属国にさせられる日』

 支那は好きになれない。はっきり言えば嫌いである。だが、感情的なヘイト・スピーチも嫌いなので常に冷徹な分析力を保つよう努めている……つもりだ。それでこの本を手に取った。昨今の支那の目に余る言動のせいで、図らずも感情に流されてしまいそうな己を冷静に見つめ直したい思いもあった。本屋で少し立ち読みをして慎重に購入した……はずだった。が、またしても失敗した。
 この本の著者、副島隆彦氏は口が達者だ。
「ロスケ、チャンコロ問題に本気で立ち向かう」
 などという表題で支那嫌いの人たちの関心を買い、
「中曽根やナベツネを指導したキッシンジャーは中国の手先だった」
 などと支那嫌いの仲間であるかのように装い、
 支那嫌いの人たちが、希望的観測で支那の経済崩壊を予測していることを承知の上で、
「10年前から中国経済が崩壊すると言っていた人たちの予言は当たっていない」
 と挑発した上で、
「自分は右でも左でもなく、中道などとカマトトぶったことは言わない」
 などと、一人冷徹な目で分析している風を装い、
「自分の意見が意に沿わないからと、この本を投げ捨てますか?」
 などと、自分の意見を押しこんでくるのである。
 まるで慣れた詐欺師の手口だ。
 ネットで調べてみたら、株の悪徳ブローカーみたいな人物だった。他の著作に対するアマゾンのカスタマーレビューを読むと、この人の言を信じて損をしたとか、そんな恨みつらみがたくさん載っていた。消費税含めて1620円。まぁ、株で騙された人と比べれば被害が少なくて済んだと自分を納得させよう。

 結局、途中からは飛ばし読みをしてしまったので、正確な論評は出来ないが(する気もないが)、明らかにおかしいのは、副島氏の言う『日本が中国の属国にさせられる』のは、支那の経済成長が今後も順調に続くという前提の上に立っていると言うことだ。減速したとはいえ今年度もGDPが7%の成長をするという支那の発表を、まるっぽ鵜呑みにしているところが痛すぎる。
 王コネイとかいう共産党幹部が言った、
「中国は余剰生産を減らす必要がない。過剰生産、過剰在庫の問題は解決できる」
 などという出鱈目な話を引用し、どうやらこの与太を信じているようなのだ。実に痛い。
 わざと難しい経済用語を羅列して難解な理論や知識を開陳されている項が少なからずあるが、この部分をもってして、もはや副島氏に経済を語る資格はないと断じたい。副島隆彦とは、中国共産党万々歳の共産党員ではあるまいかと思ってしまう。少なくとも走狗だ。もしかしたら朝日新聞の現役社員かもしれない。
 東京裁判を金科玉条としているんだろうなぁ、この手の人は。一応最後まで拾い読みした限りでは、副島氏によると『支那事変』は日本軍の仕業で、『南京大虐殺』も史実らしい。『大躍進政策』や『文化大革命』が大失敗に終わったことは認識しているようだが、当初は毛沢東が理想に燃えて始めた革命だったなどと言ってしまっている体たらくだ。日本が一切絡んでいないような支那の失策はロシアが悪いことになっているし、何がなんでも支那様万歳なのだ。

『素晴らしい中国人が共産主義と日本軍の手によって誤った道を進んでしまった。しかし、毛沢東の時代には少なからずの執政もあったが、今や習近平という素晴らしい指導者を得て、日本はおろかアメリカも追い落とし、再び世界に中華の花を開かせるだろう』

 というのが、この本の趣旨だ……ろうと思う。中国や北朝鮮の共産主義に未だに幻想を見ている不思議な本でした。
プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる