『FAKE』

 全聾の作曲家、現代のベートーベンとか言われたペテン師、佐村河内守に密着したドキュメンタリー。彼は本当にペテン師だったのか、それとも……?
 ラスト12分に衝撃の事実が映し出されているとかでヒットしているらしいのだが、ボクにとっては佐村河内も、号泣県議の野々村竜太郎も、スタップ細胞の小保方晴子も、いっしょくたにワイドショー・ネタに過ぎず、一切の興味がなかった。
 そもそも、楽譜を読み書きできない全聾の佐村河内と、手話のできない作曲家・新垣隆の二人が、どうやったら意思疎通が図かれ、しかも交響曲を作ることが出来るというのだ。イタリア人が和英辞典で中国語を読むのに等しい難事業だ。検証するまでもなく結論は見えている。
 全くもって観る気はなかったのだが……、
 幸か不幸か監督の森達也氏とお会いする機会があり、観に行った。出来ればお会いする前に見ておきたかったのだが、時間の都合がつかず、お会いした後に観に行った。結論から言えば、お会いする前に観なくて良かった。
 会社の先輩から、先入観や決めつけだけで観ないのは良くないと言われたのにも後押しされた。だが、決してジャーナリスティックな意識に目覚めたからというわけではない。
「先輩、あなたの方が先入観や決めつけで社会や政治を見ているんじゃないですか」
 という反発心から、先輩の反論を跳ね返す意味で、カチンと来て観に行ったのだ。あ、誤解なきように付け加えておくが、ボクはこの先輩をとても尊敬している。そんな尊敬する先輩であっても、王道のマスコミ人である先輩は、マスコミ人の典型的なパターンで左に偏っていると言わざるを得ない。その歴史観、早い話が東京裁判丸呑みの自虐史観は改めてもらいたいと思っている。面と向かって言ったことはないが……。ボクもさすがに子どもではないので、それを言ったらお終いということも分かっている。

 ネタバレしてしまうが、ラスト12分に触れる。
 そのラスト12分とは、佐村河内がエレクトーンを使って作曲するシーンである。もしかしたら、本当に佐村河内が作曲をしていたのかと思わせるシーンなのである……と言いたいのだろうが、それに騙されるとしたら、あまりにも現在のコンピューター技術に疎いと言わざるを得ない。今の時代、楽譜が読めなくてもかけなくても作曲は出来る。たとえば、アップルのソフトに、比較的安価に手に入る(機種によっては標準でついてくる)『バンド』というソフトがある。ボクには出来ないが、それは使いこなしていないだけのことで、教えてくれる人がいたらきっと使えるようになるソフトだ。森氏はそんな技術やソフトの存在を知らなかったのか、敢えて無視したか……。

 映画を通して、発見だった部分もないわけではない。それは、ゴーストライターだった新垣隆氏や、文春でこのことをすっぱ抜いた神山典士氏が、森監督のインタビューを避けていたことだ。ネットでググってみたら、神山氏は『FAKE』のことをケチョンケチョンに批判していた。にもかかわらず、自分がインタビューを受けなかったことには何の言及もないのも不可解だ。
 が、やはり、佐村河内は聞こえていた、聞こえているとしか断じようがない。
 これを書いていて思い出したが、そういえば、かつて全盲の写真家というのがいた。(まだいたらごめんなさい。)奥さんだったかの協力者に画角やサイズや絞りを指示してシャッターを押すのだ。全盲の人にも勇気と可能性を与えてくれると、当時マスコミで持てはやされたものだが……、正直、自分にはハテナばかりだった。決して障害者差別をするわけではないが、作者自身が仕上がりや完成品を確認できないものを作品と呼べるのだろうか、いやストレートに言って呼べないと思ってしまうのだ。
スポンサーサイト

『インデペンデンス・デイ リサージェンス』

 観に行く前から予想はしていたが、仕事の合間のちょうど良い時間つなぎになったので観に行ってしまった。予想に違わずつまらない作品だった。
 ただ、見るべき点もあった。それは、
『映画はプロパガンダの手段である』
 と言うことを改めて思い起こさせてくれることだ。

 前作は1996年なのでちょうど20年ぶりの続編。映画の世界も20年後を舞台にしているのだが、宇宙人の技術を取り入れて人類が更なる繁栄を果たしたという設定。そんなパラレル・ワールドのような地球に住むのは、英語を話すアメリカ人と中国語を話す中国人だけになっている。前作には、イラン人もロシア人も日本人もいたというのに……。
 同時多発テロ以前に作られた前作は、宇宙人の侵略を退けたアメリカ大統領が人類の独立宣言を叫ぶというアメリカ讃歌のプロパガンダ的要素が強い作品だった。しかし、20年後に作られた本作は、着実に世界秩序を蝕みつづける支那民族の脅威を見せつけるプロパガンダに利用された作品になっていた。

 バブルがはじけて勢いをなくしていた日本がハリウッドに残した爪痕と言えば、『アルマゲドン(1998)』の冒頭に、タクシーに乗っている観光客役で元アイドルの女性歌手が出ていた程度だった。バブル最盛期にソニーがコロンビア映画を買ったが、「アメリカ人の魂ともいえるハリウッド映画をジャップが札束で買った」と叫ぶ反日感情に配慮し、映画の製作には口を挟まないことで今まで来ている。しかし、ハニー・トラップを含めて外交上手な支那人は、ここ最近、爪痕どころかガッツリとハリウッドに浸潤し、あちこちに転移している。日本製のおもちゃが原案の『トランスフォーマー』の体たらくは記憶に新しいところだ。
 ここ最近の風潮とは言え、それにしても、本作に於ける支那の浸潤ぶりは目に余る。
 中国出身の香港人で「アンジェラベイビー」なる名前の女優が出てくる。まぁ、中国では人気の女優なんだろうが、これが呆れるくらいに台詞が少なく、しかもそのほとんどが中国語なのだ。英語も話せる設定なんだろうけど、彼女が喋るほんの少しの英語はどれも極めて短いセンテンスばかりで、英語の話せないボクでも字幕が要らない程度の簡単な台詞だけなのだ。中国人の集客のためにとってつけました感丸出しのキャスティングだ。一応、美形ではあるのだが、小さな顔に不釣り合いに大きなお目眼で、フルCGキャラか整形で作られた顔にしか見えない。存在そのものが違和感でもあった。
 あ、そうそう。劇中でパック入りの牛乳を飲むシーンがあったが、検証はしていないしする気もないが、あれって『トランスフォーマー』にも出ていた飲料スポンサーではなかろうか。
 共産党にとって映画はプロパガンダの道具でしかないのだった。まだ、映画を楽しむ素養のあった金正日のほうが民度はマトモだったのかもしれない。どっちも大嫌いだが。

 もっとも、目に余る支那の浸潤ぶりもあるにはあったが、映画そのものがクズだった。監督のローランド・エメリッヒは、これで何回地球を壊してきたんだろう。もう、手慣れてきたと言うよりも、雑になってきた感じがする。今時の映像はCGばっかりだしね。前作は、特大サイズの模型のホワイトハウスを爆破して、それを超スローモーションで撮影したんだよな。昔はメイキングを見る楽しさもあったけど、今はそれすらもない。

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる