スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キングコング髑髏島の巨神』

 南太平洋で発見された髑髏島を探検するため、米軍の全面バックアップの下、調査団が島へ向かう。ヘリで編隊を組んで飛んで行くのだが、その時の甲板作業員が見ものだ。ヘリが空母の甲板から離陸するとき、甲板作業員がヘリが飛んでいく方角に向かって足を大きく一歩前に踏み出し、ビシッと指をさし示すのだ。この作業員の姿が、アップと引き画を含め3カットくらい重ねられている。
 実はあの甲板作業員のポーズ、支那の観客を呼び込むためのサービス・カットである。あのポーズが格好良いと、支那では子どもたちに大人気なのだ。あのポーズを真似する子どもたちの写真が微博(ウェイボー)を賑わせているらしい。国威発揚のニュース映像で、支那初の空母「遼寧」から戦闘機が発進するときの様子として紹介され、人気になったらしい。
 この映画は、支那に買収されたレジェンダリー・フィルムの製作である。チャイナ・マネーにはさり気なさというのが微塵もない。資本主義の悪いところだけを濃縮したのがチャイナ・マネーだから、常に厚かましくどこまでも自己主張してくる。歴史の改ざんも気にしない。ベトナム戦争終結の翌日という時代設定なのに、怪しげな支那人女優がキャスティングされていて、米軍と一緒に極秘任務についていたりする。支那と言えば、ベトナム軍の背後でロシアと手を組みアメリカと戦っていた敵ではないか。そのちょっと前には、朝鮮戦争でも北朝鮮軍の裏にいたし。チャイナ・マネーの格言に「腹がへった人はパンを与えてくれる人の言いなりになる」というのがあるが、まさにその通りのありさまだ。
 ま、映画の中身は、推して知るべしと言った程度の出来でした。
 ところで、あの甲板作業員のポーズって、ボクは軍事には詳しくないので勘繰りだけかもしれないけど、垂直離陸するヘリの発進時にもするんだろうか? ジェット戦闘機がカタパルト発進するときのポーズなんじゃないかなと思ったりする。ま、どうでもいいんだけど。

 改めて思うのは、ディズニーは立派だなぁということ。
 組んでいるマーベルの優秀さもあるとは思うが、マーベル・ヒーローたちが共演するアメコミ・シリーズを大当たりさせた。本家のルーカスをうまい具合に排除して、ファンも納得できる形で『スター・ウォーズ』シリーズをリブートさせた。そのスピンオフ企画も順調だ。インディー・ジョーンズ企画も動き出したらしい。
 そんなディズニーの成功を真似て、レジェンダリー・フィルムは怪獣モノの共演シリーズを企画しているんだとか。言うまでもなく、レジェンダリーはリブート版のハリウッド『ゴジラ』を作った所なわけだが、今後、配給のワーナーと一緒に『ゴジラ2』や『ゴジラ対キングコング』などへと発展させていく計画なんだとか。
 ワーナーと言えばバットマンやスーパーマンなど、DCヒーローたちの共演モノの企画も進めているんだけど、『バットマンVSスーパーマン』とか『スーサイド・スクワッド』なんかの体たらくを見ていると、なんだかとっても先行きが心配なのだ。怪獣モノもアメコミ・ヒーローも好きだからもうちょっと付き合おうとは思うけど……。
スポンサーサイト

デフォルトが近づいているのかも……

 中国黒竜江省の省都ハルビン駅に設置されていた安重根記念館の移転が決定されたとのこと。安重根と言えば、日韓併合に反対していた伊藤博文を暗殺し、悲願の日韓併合を実現させた立役者として韓国の英雄になっている人だ。
 記念館は支那と韓国が蜜月だった2014年に作られた。クネクネが集金兵におねだりして作ってもらった。その突然の移転(もしかして撤去)は、THAAD配置に絡んだ支那から韓国への嫌がらせだ。
 支那の景気が良いころは支那ベッタリでおんぶにだっこ。日米に後ろ足で砂をかけていたのに、支那の景気が減退してきたら日米にすり寄る。ところが、徹底的な反日洗脳政策のツケで、国民は完全な反日バカに仕上がっていたせいで、結局、すり寄りきれず馬脚を現すことになった。
 いよいよ、あの国は終末が近付いてきた。
 デフォルト(経済破たん)だ。
 ボクは決して反日の仕返しという意味で言うわけではないけれど、日本はここでキッパリと韓国と距離を置くべきだ。まかり間違っても、通貨スワップなどという救済の手を差し伸べるなどという愚策を犯してはならない。アメリカ様からは助けてやれよと圧力をかけてくるだろうが、断じて拒否しなければならない。韓国はデフォルトするだろうが、それはそれで仕方のないことだ。
 もちろん、日本も痛い思いをするだろう。
 経済的には何の問題もない。貿易相手国としての韓国は、日本にとってどうってことない些細な要素にしか過ぎない。むしろ、ダンピング貿易で荒らされた日本の市場を取り戻せるメリットのほうが大きいだろう。
 痛い思いとは、軍事的な安全保障のことを言っている。下手をすれば、赤化した朝鮮半島から日本にミサイルが飛んでくるかもしれないということだ。発想が飛躍しすぎと思われるかもしれないが、最悪の事態を想定するのが政治だ。事が起こってから「想定外だった」と言うのなら、レンホーの民進党にでもできる。鳩やカンの民主党がやってきたことだ。
 繰り返して言うが、これは、反日の仕返しなんていう短絡的な提言ではない。
 それがお互いのためなのだ。
 韓国がいつまでたっても(おそらくは永遠に)成熟した国家になれないのは、日本が甘やかしてきたからだ。
 列強の植民地にならないように自立を促しても、支那にすり寄り、ロシアにすり寄りする事大主義から抜け出せなかったせいで、日本は日清日露なる戦争を戦わなければならなくなった。その列強から押し付けられて併合したのに、日本が戦争に負けたら突然「戦勝国」を名乗りだし、敗戦で疲弊した日本で甘い汁を吸いまくった。その日本が経済的に立ち直ると戦勝国を名乗れなくなり、今度は軍事徴用で無理やり日本に連れられてきて差別されたなどと「被差別民」を名乗りだした。冗談じゃない。在日朝鮮人の99%は、戦後、経済復活してから日本に来た連中だ。そんな明らかな与太を認めてやるから、いつまで経っても甘えてくるのだ。
 自立していただくためにも、一度ガツンと痛い思いをして反省すべきだ。まずは自分たちの本当の歴史を勉強してほしい。
 これは愛を込めた体罰である。
 暴力と一緒くたにしてはいけない。
 言葉が通じない子どもにはある程度の体罰は必要なように、韓国という国民にも体罰は必要だ。これは躾なのだ。
 それでも大人になれないようなら諦めるしかない。世は弱肉強食で、適者生存なのだ。単に彼らは淘汰されるべき民族だったということだ。日本が甘やかしてまで、わが身を削ってまで保護すべき人たちではない。

『SING シング』

 『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメントによるユニバーサル映画系の3DCGアニメ。
 こちらは英語版で観ることができた。
 子だくさん主婦のブタをリース・ウィザースプーン、ダメ彼氏にフラれたヤマアラシをスカーレット・ヨハンソン、窃盗団の息子ゴリラをタロン・エガートン、内気であがり症のゾウをトリー・ケリー、劇場支配人のコアラをマシュー・マコノヒーが演じる。知らない人もいるけど、ブタリース・ウィザースプーンやスカヨハなど、知っている女優さんたちの歌のうまさには驚きました。
 キャラクターの作り方は、見た目の印象のみ。ブタが軽快に踊ったら面白いだろう、不良イメージのロッカーは針でトゲトゲしているからヤマアラシ、腕力の強い暴力キャラはゴリラといった塩梅。内気なゾウはスーザン・ボイルのイメージなんだろうな。
 もっとも、支配人のコアラは、なぜコアラなのかが分からない。一応、車洗いのモフモフというキャラが載ってはいるが、コアラでなくてもモフモフした動物はいくらでもいるしな。コアラは可愛いからっていう理由なんだろうか。でも、よく見るとコアラってあんまり可愛くなんだけどなぁ……。
 分かり易さ最優先で意外性を排除しているのは、全くの子ども向けということか。もうちょっとヒネリがあっても良かったと思う。ガラガラ声のトラが、それでも歌が好きで練習しているうちにハスキーボイスを生かした歌で認められるとか。
 そういえば、ピクサーがまだ映画製作のプロダクションとして機能していたころは、『ファインディング・ニモ』という作品があり、カクレクマノミのニモは、生まれつきの障害(片ヒレが小さい)で泳ぎが下手という枷がついていたっけ。だからこそ、あの作品は大人の鑑賞にも耐えられる作品になり得たのだ。

『モアナと伝説の海』

 テレビゲームやらないから想像なんだけど、たぶんRPG(ロール・プレイング・ゲーム)ってこんな感じなんだろうなと思う。仲間見つけて、秘密のアイテムを使って敵と戦い、最後はラスボスと対決。映画がヒットしたら、1面クリアでパート2に続く。
 冒険物語って大体そんなもんでしょと言われればそれまでなんだけど、なんだか定型パターンにはまりすぎていて、なんだかなぁって感じだった。
 吹き替え版しか上映していなかった。英語版で観たかったな。

ノーベル文学賞内定おめでとうございます。

 ボクの心配していたことが現実になってしまった。
 ボクは、常々……、
「どうしてもノーベル文学賞が欲しいと思ったら、村上春樹は大江健三郎に倣って国を売るんじゃないか」
 と言ってきた。
 で、それが現実となってしまったのだ。
 新作『騎士団長殺し』で登場人物の口を借り、旧日本軍が南京大虐殺で40万人の市民を殺したと書いているそうだ。
 ボクはこの本を読んでいないので、どんなキャラクターが言ったのか、どんな文脈で語られたのか、それで物語がどう展開したのかなど、物語における意味合いは承知していない。
 でも、だからと言って批判や反論の資格はないのだろうか?
 「正しく反論したければ本を全部読んでから言え」
 と言われてしまうのだろうか?
 反論のために上下二巻もある読みたくもない本を読まなきゃいけないのか? 2冊で4千円もするハードカバー本を買わなきゃいけないのか?
 炎上商法もいい加減にしてもらいたい。そもそも、初版が百万部以上のベストセラーにしては価格設定が高すぎないか?
 読書スピードが遅いボクなどは、反論や検証のために読みたくもない本を読む気はサラサラない。もっと読むべき本がたくさん積読状態にあるのだ。たとえば、『南京事件「証拠写真」を検証する』『再現南京戦』『日中戦争は中国の侵略で始まった』『中国の戦争宣伝の内幕』など。『慟哭の通州』も早く読まなければならない。
 ところで、大ベストセラーとは言っても、4百万部売れたところで日本国民の3%程度だ。上下2巻を読破する人はその中の何%だろうか? 大多数の人が本を手に取りもしないし、読むわけでもない。だが、その「問題の部分」だけは、日本中の2割3割、もしかしたらそれ以上の人が知るところとなる。
 微妙な言い回しなど関係ない。その記述がすべてになってしまうのだ。そもそも、村上春樹のネームバリューを利用したいだけの人や団体や組織や国は、そのでっち上げ数字にしか興味がない。数字ばかりが独り歩きさせられるのだ。
 そもそも、犠牲者数を40万にしているところが姑息だ。賞をくださいアピールというか、スケベ心が見え見えだ。と言うのも、時が経つほどに被害者が増えていくのが南京大虐殺の特徴だ。それでも、今のところ、支那の主張は30万が主流だ。だが、ときどき隙をつくように40万という数字を挟み込んでくる。いずれしれっと40万に書き換えようとしている作戦なのだろう。村上春樹がその後押しをしてあげたわけだ。どうせなら百万とか2百万とか、いっそのこと2千万とか、桁を超えてもらえたら良かったのにと思う。いくらなんでもと支那の嘘がわかりやすくなるからだ。ま、そんな下手は打たないだろうな。村上春樹はバカじゃないから。ただただノーベル文学賞が欲しいだけなんだろうな。
 これで、ノーベル平和賞を否定している支那も、村上春樹の後押しはしてくれるんじゃなかろうか。少なくとも、孔子平和賞は確定だ。おめでとうございます。

追記
 本屋さんで立ち読みしたら、下巻の80ページにその記述があった。
「日本兵に殺されたのは、10万人という人もいるし、40万人という人もいる。しかし、1万だろうが40万だろうが、その数字になんの意味があるのか。事件があったことが問題なのだ」
 みたいなことを言っていた(記憶力が悪いので、多少の間違いは勘弁して欲しい)。
 ノーベル文学賞の受賞が内定した大作家先生の頭の中では、南京大虐殺は皇軍の蛮行として既成事実になっているようだ。むしろ、それを矮小化しようとしている今の日本人たちを嫌悪されていらっしゃるようだ。

『恨』ではない。

 これはボクが前々から言っている説だが……、

 朝鮮人の気質を『恨』の文化として捉えると本質を見失う。ボクから言わせてもらうと、彼らの本質は『嫉』であり『妬』であり『羨』である。小中華思想の彼らは、自分たちより劣っているはずの日本人が、豊かで清潔で歴史があるのが『妬』ましく『羨』ましいのだ。その『嫉』みが、『恨』みの感情として表現されているのである。過去に日本人が朝鮮人に酷いことをしたから『恨』まれているわけでは、決してないのである。勘違いのもとになるので、むしろ『恨』は忘れたほうが良い。

 この説に改訂を加えたい。
 最近、もう一つ気付いてしまったのだ。
 というのも、『嫉』『妬』『羨』に加えて、『怠』と『惰』を付け加えるべきだということである。
 これは断言できることだが、朝鮮人ほど怠惰で怠慢な民族はいない。もちろん、個人差はあるとしても、全体として怠惰である。
 働く以前に、とにかく動こうとしない。スポーツという観念も、併合統治時代の日本人が教えてあげるまでは知らなかったらしい。わずか30年程度の日本人による指導では足りなかったのは、本当に気の毒な話で、朝鮮人の多くは今も自転車に乗れないらしい。金槌、つまり泳げない人も多いらしい。セウォル号事件の被害者が多かったのは、そのせいもあるのだとか。
 救いがたいのは、精進とか鍛錬だとかもしないから、教わった技術も忘れてしまう。奈良平安時代に日本と交流があったころ、日本人は彼らに染物の技術や水車や水桶の作り方を教えてあげた。その以前の朝鮮人は、水車を作れなくて水田を作ることができず頻繁に食糧危機に陥っていた。重い土器で水を運んでいたので、重労働の上に効率も悪かった。
 元のお先棒を担いで日本に攻め込んできた元寇や鎖国の時代があり、しばらく日本と朝鮮半島は行き来が途絶えた。やがて、李氏朝鮮の時代になって再び日本人が朝鮮半島を訪れると、なんと彼らは水車や水桶の作り方を忘れ、3百年前に日本人が作った水車や水桶をボロボロになったまま使っていたのだという。染物の技術も忘れたので、着ているモノはみんな白生地だった。韓流ドラマの時代劇で登場人物たちが着ている色鮮やかな民族衣装は、みんなファンタジーだ。
 そんな朝鮮半島でも、李氏朝鮮の時代から今に至るまで綿々と守り伝えているものがある。
 身分制度だ。
 李氏朝鮮の時代には、国王と両班(ヤンバン=貴族)という支配階級があり、平民だとか卑民とかの一般人や奴隷を支配していた。(本当は「国王」ではなく「皇帝」と言いたかったのだが、宗主国の支那が「皇帝」だったので、小中華の朝鮮は一つへりくだって「国王」と言っていたのだ。彼らが今もなお日本の「天皇」を「日王」と呼ぶのは、小中華思想からくる根拠のない差別意識の現れだ。)国王や両班は働くのが嫌いなので、一般人や奴隷を働かせた。
 現在は大統領という5年限りの国王がいて、サムソンなどの財閥という両班(=貴族)がいて、残りの国民(平民・卑民)を働かせている。いや働ければまだましで、大学を卒業しても就職できない若者や、就職できても時間給で働く正社員が溢れているらしく、『地獄韓国(ヘルコリア)』なる言葉が流行しているんだとか。
 そんな彼らが楽して儲ける手法を思いついた。
 『被害者ビジネス』
 である。
「俺たちは被害者なんだから弁償しろ、賠償しろ」
 と言う商売だ。
 セウォル号事件の時、次から次へと偽被害者が現れ、この手の商売を起業しようとしていたことは記憶に新しい。慰問品泥棒などは序の口で、被害者遺族の代表と名乗って顔を売ろうとした奴やら、大統領府に乗り込もうとアジった従北派やら、生存者の声を聞いたとか言い出す偽ダイバーやら、抗議デモのテントで酒を飲んで暴れた国議院やらがいた。子どもが死んだことが信じられないからと死亡届を出さず、扶養控除をもらいつづけている奴がいるかと思えば、兵役の入隊検査予告書が届いたと言って怒り出す奴もいて、まるで出来そこないのコントのような話が毎日のように報じられていた。
 あの頃は、ようやっと自分たちが「三流国家」であることに気付いて落ちこむような書き込みがネットに流れたりしたのだが……、さすがは三流国民である。もう自分たちが三流出ることを忘れてしまっているのだ。
 それにしても、情けない話、朝鮮人に被害者ビジネスを教えたのは日本人かもしれない。
 まぁ、昔からあったんだろうが、現代風にビジネスとして成り立つように教えてあげたのは、日本人の責任が大だ。
 なんと言っても『在日朝鮮人』というビジネスだ。
 1959年7月13日付朝日新聞様によると、
「現在、登録されている在日朝鮮人は総計61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、現在、日本に居住している者は、犯罪者を除き、自由意志によって在留したものである」
 となっている。
 つまり、在日の99.9%は徴用(強制連行)とは無縁なのである。
 そもそお在日が「強制連行の被害者」を言うようになったのは1960年代からで、それ以前は「戦勝国民」を自称して、日本人に対して略奪や暴行や虐殺を働いていたのである。
 そんな自称「戦勝国民」が、日本人を脅して獲得したのが在日特権だ。所得税の控除や、生活保護や補助金の支給やらを、暴力で獲得していったのだ。
 被害者ビジネスの原型である。
 朝日新聞が創作した従軍慰安婦だとか、外務省が国を売って認めた軍艦島の強制労働などはその応用系だ。
 今日(3月8日)のニュースで、また一つ新アイテムが増えるらしいことを知った。
 日本の統治時代に働かされた強制徴用工に対して賠償金を払えの謝罪をしろのと言い始めたらしいのだ。プサン港に「強制徴用朝鮮人労働者像」を設置するとか言っているらしい。

事実の指摘がヘイトになる不条理

 森友学園の校長は本当に安倍政権を応援しているつもりなのか?
 最初は贔屓の引き倒しなのかとも思ったが、単に出来の悪いウヨクの銭ゲバなんだろうな。それはともかく……、

「日本人は人口20万人の都市で30万人の支那人を殺した」
「日本人は20万人の若い朝鮮人女性を性奴隷にして殺した」
 などと、支那人や朝鮮人が嘘八百を並べ、日本を貶めているのは事実だ。
 しかも、そんな嘘八百を世界に喧伝しているから性質が悪い。
 嘘を放置しておくと、それが既成事実化されていく。
 そうなっては困るので、その嘘を指摘したり正そうとしたりすると、その反論がヘイト扱いされる。
 嘘がまかり通って、真実が追いやられている。
 今の日本が置かれている現状はあまりにも異常だ。
 その風潮を、朝日新聞に代表されるマスコミが後押ししているから更に異常だ。
 「三つ子の魂百まで」という言葉がある。
 だから、頭が凝り固まった大人を相手に何を言っても手遅れだと諦めればこそ、真っ新な子どもたちには真実を教えてあげたいと思う。
 森友学園で子どもたちに教えていたことは、紛れもなく事実だ。
 支那人も朝鮮人も嘘つきで、事実無根のでっち上げ話で日本人を貶めている。
 ただ、それを剥き身のまんま園児に教え込むのには、いささかの違和感を覚える。ましてや運動会の宣誓の文言に盛り込んでいたことは、「いささか」を超えて「きわめて強い」違和感を覚える。
 支那や朝鮮では、小さな子どもに嘘を詰め込んで反日教育を進めているのは事実だ。しかし、だからと言って日本でも同じことをやってしまっては、相手と同じレベルに自分を貶めることになってしまう。
 もちろん、日本で教えることは嘘ではなく事実ではあるのだが、結果として支那人や朝鮮人を憎むことにつながる。性善説に立つボクとしては、小さな子どもたちに憎しみを植え付けるような教育はしたくない。しかし、それでも、
「知らないおじさんについて行っちゃダメだよ」
 ということは教えなければならない。自分の身を守るためには必要なことだ。世の中は善人ばかりではないのだ。だから、その応用で、
「支那人や朝鮮人が言うことは信じちゃダメだよ」
 くらいのことは教えてあげなければならないんじゃないかなぁ……と思う。
 国会での質疑や、それを報じるマスコミの論調を聞いていると、その必要性を感じるようになってしまった。
プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。