オバマ大統領の広島訪問に対する南朝鮮の反応

 またしてもと言うよりも、やっぱりなというのが感想。オバマ大統領の広島訪問(3日後の27日)について南朝鮮が騒いでいるようだ。
「原爆を落とされたぐらいで被害者面をするな。戦犯国は日本だ。それ以上の悪いことをお前らはしたんだ。当然の報いだ。自業自得だ」
 というのはボクにも予測できたいつもの言い草だが、
「安倍はオバマの広島訪問を政治的業績にするつもりだ」とか
「オバマは日本より先に韓国人の原爆被害者に謝れ!」
 という論調もあるらしい。凡人のボクなどには思いもつかない論理だ。流石、朝鮮人は頭がお宜しくていらっしゃる。彼らの頭の良さはこの程度には収まらず、他にも、
「オバマ大統領は広島で日本の戦争責任を指摘し、悲劇の原因を作った加害者と、真の被害者(韓国や中国)を明らかにすべきだ」とか、
「日本から被害を受けた国(韓国など)が納得できる内容にしてこそ、広島訪問の成果が現れる」
 など、ボクなどには何度繰り返し読んでも理解できない論調もある。
 これらの騒ぎはメディアを中心に起こっているらしい。そもそも朴槿恵大統領は南米を歴訪中という。先進国首脳会議に呼ばれない南朝鮮の大統領としては、その舞台となる日本の近くにはいたくないというのが偽らざる心境だろう。それに、アメリカ様の言いつけで、去年末にはいわゆる従軍慰安婦問題の解決について不可逆的な日韓合意をしたばかりだ。いくらなんでも半年も経たないうちに忘れましたとは、世界一賢い優等民族を自称する朝鮮民族としての誇りが許さない。本音のところはともかくとして、まさか政府が旗を振ってアメリカ様のやることに難癖をつけるわけにはいかない。『その場にいない』とは、また上手く立ち回ったものだ。
 まぁ、そんなことはともかく、この情報、どこで手に入れたかというと『産経新聞』だ。
 隅々までチェックしたわけではないが、朝日新聞には載っていない。もちろん、毎日新聞や東京新聞にも載っていない。テレビなんぞは尚更だ。
 南京大虐殺や従軍慰安婦など、反日に資することなら何にでも同調する売国奴連中も、さすがに広島長崎の原爆投下を正当化する論調には乗っかれないみたいだ。そこで『報道の自由』という錦の御旗の下、自分たちには都合の悪いことは『報道しない』ことにしているのだ。
 そういえば、支那の反応は産経新聞にも載っていなかった。
 オバマ大統領の広島訪問の前には、そもそもの来日の目的、サミット会議がある。そこで話し合われるのは、「支那の景気減退に端を発する世界経済への影響とその対応策」だ。「景気の減退」を認めない支那としては、『パナマ文書』同様に情報統制しているのかもしれない。つまり、サミット会議そのものを一切『報道しない』ことで、国民に知らせていないのだ。だから、共産党政府も知らん顔を決め込んでいるし、メディアによる批判もないし、共産党政府に指導された官制の暴動も起きていないのではなかろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる