『オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史』

 オリバー・ストーンと言えば、自らもベトナム戦争に従軍した経験があり、80年代にはアカデミー賞をもらった『プラトーン(1986年、作品賞と監督賞)』や『7月4日に生まれて(1989年、監督賞)』があるので、政府批判もする社会派の監督というイメージ。しかし、それ以降はむしろ鳴かず飛ばずで、しかも大麻所持や飲酒運転で捕まったりという社会派らしからぬ前科も聞こえてきたり……。
 そんな彼が、アメリカの近現代史を再検証するとかで、『The Untold History of The United States』なるドキュメンタリーを制作し、本を出版して、再び注目を集めた。
 なんでも、そのドキュメンタリーや本で、広島・長崎に投下した原爆を否定しているとのことで、いささかの興味を惹かれた。で、BSで放送されたそのドキュメンタリー『オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史』は録画したし、文庫化されてから上中下3巻の本も買ってしまった。ただ、いずれもまだ見ていないし読んでいない。そうしたら、3巻を一冊にまとめた要約本が書店に並んでいて、つい買ってしまった。
 が、読み切る気力が萎え、途中で挫折。
 残念ながら、まだまだオリバー・ストーンは見識が浅い。
 支那によるプロパガンダの満州事変や南京虐殺をそのまま鵜呑みにしている。リベラルと自称する日本の左翼が自国民や自国の政府を好んで否定するように、リベラルなアメリカ人の彼も(支持政党としては共和党に流れることもあるが基本は民主党みたい)、自国の政府を疑う眼は持っているようではあるが、まだまだ『哀れで無垢なチャイニーズ』という幻想を抱いているようだ。
 オリバー氏の原爆否定も、「いくら黄色いサルやゴキブリ相手でも原爆はやりすぎだった」というレベル。一応、東京空襲などの都市空襲もやり過ぎだったと認識はしているようだが、文化財保護の意図から京都を攻撃目標の候補から外したというような戯言を信じている。他にも、ウッドロウ・ウィルソンやフランクリン・デラノ・ルーズベルトのような人種差別主義者を名大統領のように認識しているようだし、誤認識が多すぎる。そもそも「アメリカの近現代史を再検証」とか言っているが、アメリカ合衆国には近現代史しかない。当たるべき文献の数もたかが知れているんだから、もうちょっと入念に調べてほしいものだ。
 ただ、若干の救いもある。たとえば、米西戦争のきっかけになった『メイン号事件』のことだ。ハバナ湾に停泊していたアメリカの戦艦メイン号が、ある夜、突然爆発した事件である。これをアメリカはスペイン人によるサボタージュだとして、『Remember the Maine』と叫んで世論を扇動し開戦の口実にした。しかし、これはアメリカの自作自演だったことに、オリバー氏は気付いてくれているようなのだ(意図的な爆破ではなく事故による爆発と思っているようではあるが)。メイン号事件は1898年の事件である。『Remember Pearl Harbor』はその43年後だ。こちらの真実(アメリカの罠に日本がはめられた)にも、あと40年くらい経てば気付いてくれるかもしれない……と期待したい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる