『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

 魔法を超能力ととらえると、『ハリー・ポッター』を『Xメン』にしたようなお話。
 魔法の存在が知られると、魔法使いが人間から迫害される。だから魔法を統制且つ隠して人間との調和を図ろうとする派と、迫害される前に真正面から人間と戦おうとする派と、魔法使いたちが二手に分かれて戦おうという物語である。本家マーベルでは『アベンジャーズ』の面々にもその対立構図を導入してきたし、シビル・ウォー(内戦、アメリカでは特に『南北戦争』のことを指す)のシチュエーションは、血沸き肉躍る対立構図なのかもしれない。そういえば大統領選挙も、民主党と共和党の二大政党が国を二分して戦う構図だしね。
ちなみに、トランプは共和党で、南北戦争に勝利した北軍も共和党だった。つまり、もちろん16代大統領リンカーンもトランプと同じ共和党だった。その南北戦争での勝利もあり、かつては共和党が圧倒的に強かった。潮目が変わるのは31代ハーバート・フーバーから。フーバーの時代に1929年の大恐慌があり、これで人気を落とし、フランクリン・デラノ・ルーズベルトから始まる民主党が台頭することになる。
一般的に共和党が保守右派と言われている。だが、これに対して民主党のルーズベルトをリベラルとか左派でくくって見るのは非常に危険だ。歴史を見誤る原因になる。実際、ルーズベルトの社会主義的な保護主義政策(ニューディール政策)がアメリカの経済を一時的に救う反面、ドイツなどの経済破たんを引き起こし、さらには世界大戦にまで発展していったことは歴史の知るところである。ルーズベルトは極左の社会主義者で、ほぼほぼ共産主義者なのである。彼の政権内には共産党のスパイだったと判明している者がわんさかいる。これは、陰謀論とかじゃなくて、歴史的に実証されている。大東亜戦争(GHQが言うところの第二次世界大戦)後の世界を見れば、一番得をしたのがソ連であり、支那をはじめとしたアジアや東欧に共産主義国が林立することになった事実も、それを証明している。
ま、今はそんな話をする場ではないが……と言いながら、あと一言だけ。
『ハリポタ』の作者JKローリングも民主党(たぶん)だ。イギリス人のはずなのに、アメリカの永住権や選挙権でも持っているのか、ただ言っているだけなのか、先のアメリカ大統領選挙期間中、ずっとトランプ批判をしていたっけ。彼女の選挙権はともかく、少なくとも頭の中は民主党だ。間違いなく超リベラルなお花畑が広がっていると思う。『ファンタスティック・ビースト』シリーズの次作には、『ハリポタ』の魔法学校の校長先生ダンブルドアが、若かりし頃の姿で登場するらしいのだが、彼はゲイとして描かれるとのこと。ボクには、ゲイとかレズとかの性的少数派を差別する気も否定する気も排除する気もないが、ジェンダーフリーだとか男女平等だとかを錦の御旗にして振り回してまで彼らを持ち上げる気もない。ただ、『古き良き』価値観のすべてを否定し破壊することを良しとする彼らリベラルの考え方は、現行社会の崩壊を望んでいる共産党的考え方以外の何物でもないことだけは指摘しておきたい。
 あ、ちなみに、ボクはトランプを支持しているわけではない。だが、彼の実像を調べたり勉強したりしていると、新聞やテレビなどのマスコミが報じる姿との間にあまりのギャップがあることに驚かされる。
 分かりやすい一例をあげれば、『移民を締め出す』という彼の公約だ。だが、よくよく聞いてみると『違法移民を締め出す』と言っているのだ。実にまっとうなことを言っているのだ。これは、暴言への非難を浴びて最近論調を変えたとかではなく、最初からの論調らしい。つまり、リベラルに牛耳られたアメリカのマスコミと、それに同調する世界のマスコミ(もちろん日本を含む)が情報を操作し、イメージ操作をしている証拠ではないか。
 2年ほど前だったか、憲法改正論議に関してだったか、麻生元首相が「ナチスは公正な選挙から生まれた」と発言し、それをまるで日本でのナチス誕生を狙っているみたいにマスコミが騒いだことがあった。が、あれもよく聞いてみれば、いや普通に聞けば、素直に聞けば、そんなことは言っていないことがすぐに分かった。それどころか、「一時の熱に浮かれた選挙でナチスが生まれないよう、慎重に論議を進めなければいけない」と真逆のことを言っていた。朝日新聞やTBSをはじめとする左翼マスコミは、意図的に悪意を持って発言の一部を切り取り、真逆の趣旨に改ざん、いやねつ造していたのだ。『未曾有』が読めなかった人だから、ヤツが暴言や妄言を吐いたと報じても真実味がある。バカな国民は簡単に信じるだろうと見越してのねつ造記事だった。
 もう二度とマスコミには騙されないぞと思っていたにも関わらず、今回のトランプ報道に接して、またしても手もなく騙されてしまったことを痛感。オレも甘いなぁ……。

 『ファンタビ』評からは大きく外れてしまったが、まぁ映画に関しては大して書くことはないし長くなったので、これでお終い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる