『ドント・ブリーズ』

 頭にドの一字を冠したくなるような『変態ホラー・サスペンス』ではあるが、この無茶苦茶なまでの疾走感にボクは手放しの賞賛を送りたい。映画のコピーに『20年に一本の恐怖の作品』とあるが、その賛辞は大袈裟でない!
 ツッコミを入れようと思えば辻褄の合わないことはたくさんある。でも、そんなツッコミが、大人げなくも取るに足りない些細なことであると感じさせてくれる。シャレの分らないダサい奴になってしまうのである。そう、これは『感じる映画』なのだ。
「Don't think, Feeeeeeel」
 なのである。

 空き巣狙いの若者ギャングが一人暮らしの盲目の老人宅に忍び込み、金を盗もうとする。ちょろいと思われた仕事だったが、その老人はイラク戦争で失明した元軍人でやたらと強く、かすかな気配でも感じると躊躇なくピストルを撃ってくる。強盗たちのほうが逆に追い詰められていき……、気がつくと、こちら観客側も強盗たちと一緒に息をつめてスクリーンを見守る展開になっていく。
 登場人物はドロボウの3人組と老人、それに老人が買っている番犬。合わせてたったの(ほぼ)4人と1匹。88分という圧縮された上映時間に、これでもかこれでもかとまさかの展開や罠が仕掛けられている。老人の一軒家が舞台という設定も良い。『ダイ・ハード』や『スピード』の例を出すまでもないが、ビルとかバスとかの限定された空間が緊迫感を生み出すのだ。ネタバレになってしまうといけないが、盲目の老人を含め誰一人として善人がいないところがまた良い。過疎化の著しい街デトロイトという設定も勝因の一つだ。陸の孤島というか荒野の一軒家という構図になっていて、たった4人と1匹がまさに入り乱れて存分に殺し合えるのだ。
 冒頭でも述べたが、本作には辻褄の合わないツッコミどころが満載だ。しかし、それさえもこの作品の魅力になっているのである。無理をねじ伏せる強引なまでのまさかの展開。得てして失敗に陥る危険性のほうが高いのだが、それを忘れさせ乗り越えさせてしまうほどの観客を楽しませよう(怖がらせよう)とするパワーが、この作品にはある。監督の演出、役者の演技、脚本と構成の妙など、映画的な面白さの要素がエンターテイメントとして昇華した時に初めて得られる現象だ。
 これは滅多に起こらない現象である。ボクは映画ファンを40年近く続けているが、この現象に巡り合えたのはまだ2回目である。そう、シュワルツェネッガーの『コマンドー』だ。シュワルツェネッガーの肉体と力こぶだけで無茶な展開を無理やりねじ伏せ、観客を納得させ、且つぐいぐい引っ張っていくストーリー構成、あの映画ならではの興奮と爽快感を、種類こそ違えどこの作品にも感じたのである! だからボクは冒頭の賛辞をもう一度繰り返させてもらう。
 映画のコピーに『20年に一本の恐怖の作品』とあるが、その賛辞は大袈裟でない!

『Don't Breathe』フェデ・アルバレス監督、2016年、アメリカ、88分
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる