歴史の流れに逆らうな

 マーク・リッパートという名前だけを聞いても誰のことだか思い出せないが、暴漢にカッターナイフで顔を切られて80針も縫った駐韓米国大使と言われれば、ああそういえばと思い出すのではないか。マーク氏はそれでも親韓派を通したそうで、そのご苦労が偲ばれる……。そう、アメリカは大統領が替わったので駐韓米国大使も交替になる。マーク氏は無事アメリカに帰られた。が、まだ後任が決まっていないらしい。トランプ新大統領とその政権チームは、死に体クネクネの混乱も含め、かの国の価値を冷徹に値踏みしているようだ。
 で、ご案内の通り、日本の駐韓大使も不在のまま。
 と言うわけで、南朝鮮は今、日米の大使が不在なのである。
 これに加え、5月とも予測されるクネクネの後釜大統領選挙の候補者はいずれも反日親北派だそうで。日韓合意の破棄を主張し、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備延期(もしくは拒否)も訴えているとかで。かの国は、反日反米親北の果てに、またぞろ支那にすり寄ろうとしているようだ。
 南朝鮮は日米の同盟国と思っていたが、やはり、支那と朝鮮は宗主国と朝貢国の関係がしっくりくるのだろう。収まるべきところに収まりたいのだろう。
 正直、ありがたい話だと思う。これで南朝鮮の姿勢がハッキリするのだから。いや、ボクの目にはとっくの昔からハッキリしていたのだが、ぼうっと気づかないでいた多くの日本国民もこれでようやく目を覚ましてくれることだろう。いくらなんでも気付いてくれるはずだと信じたい。
 日本は南朝鮮を黙ってジッと見守るべきだ。善意は必ず裏切られる。普段から『世界一優秀な遺伝子を持つ民族』だと自称しているのだから、そんな彼らに対し日本ごとき賤民がとやかく口をはさんだり、手を差し伸べたりするのが間違いなのだ。まかり間違っても、通貨スワップなどを再開させてはならない。
 結果として、南は北に統合されるかもしれない。もしかして、その先は支那に飲み込まれることになるのかもしれない。そうなれば、日清日露の両戦争で多くの血を流した日本人や、朝鮮戦争で多くの血を流したアメリカ人の苦労が無になってしまうわけだが、それが自然の流れだったのである。あるべきモノは、あるべき場所に収まるべきなのだ。それを無理して正そうとするから怪我をするのだ。自然に逆らってはいけないのである。
 昨日のニュースだが、南朝鮮の裁判所は津島の仏像を日本に返さない判決を出したとか。津島のお寺には気の毒だが、仏像はもうそのままで良い。ソウルやプサンの慰安婦像もそのままで良い。なんだったらニューヨークやワシントンにも作ったら良い。是非ともこのまま反日を貫いてほしい。このまま大統領選まで突っ走ってもらいたい。日本人は人が好すぎるから、南朝鮮の反日が緩むとまたぞろ通貨スワップだとかで手を差し伸べてしまう。そんなことがないように、反日をつづけてほしい。アメリカが日本の援助を強要してくるかもしれないが、慰安婦像がアメリカのあちこちにできれば、それも断る口実にできる。なんだったらトランプ・タワーの正面にでも作れば良い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる