前政権が決めたことだから?

 いつまで経っても慰安婦問題が解決しない理由は、朝鮮人の民度の低さもさることながら、朝日新聞の大誤報(はっきり言って捏造)と河野談話が足枷になっていることも大きな理由の一つだ。
 それでも2年前の年末、不可逆的最終的な合意の上で解決したことになった。が、まぁ誰もが予測していた通り、南朝鮮は破棄すると言い出した。前政権が約束したことは守らなくてもいいというのがその理屈。
 で、今日、アメリカのトランプ新大統領がパリ条約からの脱退を表明した。温暖化と二酸化炭素の間に本当に因果関係があるのかという問題や、そもそも本当に地球は温暖化に向かっているのかという問題もあるが、これも前政権が勝手に結んだことで、アメリカの利益にならないからという理屈。
 構図はほとんど同じだが、アメリカの場合は、衰えたりといえども世界最強の軍事力を背景に、誰からも文句は言わせないぞという脅しに裏打ちされている。
 それに対し、南朝鮮の場合は、「ま、そういう人たちだから」という諦めに裏打ちされている。
 前政権が結んだものだからと新政権が破棄していいのなら、日本も河野談話を破棄すればいい。でも、それをしないのは、日本人は約束をきちんと守る民族だからだ。武士に二言はないという考え方かもしれない。
 とは言え、朝日新聞の慰安婦記事ねつ造も明るみになり、河野談話の論拠も崩れた今、それを破棄して何が悪いと言うのだろう? 朝日新聞のプライドなんぞを守るために、日本や日本人の名誉を捧げなきゃいけないのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる