SEALDsと東アジア若者デモってなんだ!

 今日(3/13)、新宿の歩行者天国で初めて生SEALDsを見た!
 世代のせいもあるだろうが、リーダーの奥田愛基くんの歌うラップが「ショーコー、ショーコー、ショコショコ、ショーコー、アーサーハーラー彰ー晃ーっ!」に聞こえてきたから不思議だ。
 それにしても、大手マスコミが言うことを鵜呑みにしたらいけないんだってことを改めて痛感した。大手新聞やテレビは、あれを1千人とか1万人デモとか書くんだろうけど、取り囲む支援者はせいぜい100人程度。しかも、そのほとんどは白髪かハゲ頭の爺さんばかり。60年、70年安保で不完全燃焼だった爺さんたちが、自分たちの年金を稼いでくれる現役世代を応援しているという構図だ。日曜日の新宿ブラリを楽しむ家族連れや若者たちは、彼らを遠巻きにして素通りしていた。そりゃそうだ。普通に生きていたら修学旅行でもない限り近寄ることのないだろう国会議事堂の前で騒いでいるだけなら害はない。テレビで見ているだけならともかく、いざ生で彼らの主張を聞かされてしまうと、誰もがおかしいと感じるはずだ。何しろ彼らは、「支那が日本に攻めてきたら、可愛い子どもも愛しい恋人も差し出しますから殺して下さい」と歌って踊っているのだ。
 運動会の徒競走でも順位が付かなかった競争嫌いのゆとり世代的発想なのかもしれないが、競争を拒否した『無抵抗』が平和を生み出すのなら、チベットの僧侶たちが虐殺されるはずはなかった。マハトマ・ガンジーが相手にしたのは、落日に向かい始めた大英帝国だったことくらいは認識しておいてほしい。また、ガンジーの無抵抗が大英帝国への対抗手段になり得たのは、その前に『アムリトサルの虐殺』などの尊い犠牲があったことも知っておいてほしい。

 福島香織著『SEALDsと東アジア若者デモってなんだ!』は一読に値する。
 福島氏ご本人の本当の思いまでは知らないが、この本は非常に公平なバランスを保って書かれている。SEALDsの彼らを読み解くのに良いサジェスチョンを得ることが出来る。
 福島氏は、当初、台湾の『ひまわり革命運動』をテーマに本を書こうとしていたらしい。だが、日本では台湾への関心の薄さから需要がなかろうと没になっていた。それが、SEALDsが大手マスコミに祭り上げられたのを機に、彼らを搦めた企画に補正することで日の目を見たとのこと。福島氏はSEALDsの奥田氏にも取材を申し込んだが、取材依頼を数週間も無視された挙げ句に拒否されたとのこと。それでも福島氏は、彼らの素養の高さや頭の良さを認め、彼らなりの愛国心があるという意外性にも気付きつつ、共産党のような既成政党やテレビをはじめとする大手マスコミに消費されないよう、影ながら忠告を投げかけてあげている。

 台湾の『ひまわり革命運動』は、当初の国会占拠こそ半計画的な偶発的暴走だったが、リーダーの林飛帆(りんひはん)や陳為廷(ちんいてい)らが、落としどころも見据えたカリスマ的な統率力を発揮し、既成政党も運動に巻き込んで成功に導いた。何よりも、中国に呑みこまれたくない台湾人のアイデンティティに貫かれた理想的な学生運動だった。
 普通選挙を求めた香港の『雨傘革命運動』は、一国二制度の前提をなし崩しにして香港が支那化されるのに耐えられない若者たちの闘いだった。しかし、地続きのために台湾よりも強い支那の支配下にあるという不利な状況で、圧倒的なリーダーを欠き、落としどころのない要求を掲げてしまい、既成政党の支持も得られないまま不完全燃焼に終わってしまった。
 中国の学生運動は、そもそも中国共産党の圧倒的な力で押さえ込まれている。天安門事件をかすかに記憶している80年代生まれは潜在的な恐れがあって活動できない。事件そのものを全く知らない90年代生まれは暴走しかねない危うさがあるが、一人っ子政策の小皇帝として育てられたせいで、痛いの苦手なもやしっ子ばかり。天安門を何となく記憶している親から止められて結局動けない。
 韓国の学生運動は語る価値なし。そもそもよく知らない。
 読み終わってからしばらく経つので記憶違いがあったらごめんなさいだが、『SEALDsと東アジア若者デモってなんだ!』はおおよそそんな趣旨だった。

 世界史上にも稀な貧富の差を生み出した支那共産党への恐怖が行動の原動力になっている台湾や香港の若者たちと比べ、日本のSEALDsの体たらくである。まるで真逆だ。(そもそもなんで英語表記なんだ! 鼻持ちならない。いかがわしい。)
 フェイスブックのイイネが欲しいのか、ツイッターのフォロワーが欲しいのか知らないが、ラップで目立ちたいだけにしか見えない。仲間内のカラオケで盛り上がってくれている分には害はないが、自分たちが歌っていることのすべてが実現したら、日本というこの国がどうなるか考えてみたことはあるのだろうか? 支那に取り込まれたいのか? 支那の自治区の一つになって、チベットの僧侶たちのように虐殺されたいのか? そうなった時、SEALDsと名乗っていたラップ・グループのメンバーは焼身自殺でもして支那に抗議してくれるのか? 実効的な政策案はなにもないくせに、事実をねじ曲げたレッテル貼りだけが得意な烏合野党に持ち上げられた時点で、己の間違いを悟っていただきたいものだ。『安保法案』が『戦争法案』だって? 君たちが言っていることのほうが、むしろ『戦争誘致法案』なんだよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辰之介

Author:辰之介
映画ファン歴40年。
映画やドラマを観る日本人の審美眼を真剣に憂える。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる